ワインとチーズマニアの翻訳者日記

ワインとチーズに目がない英日翻訳者の記録です。チーズ、ワイン関連の書籍や関連記事の訳文を紹介します。

訳書を紹介させてください:『The WINE ワインを愛する人のスタンダード&テイスティングガイド』

久しぶりの投稿となってしまいましたが、今日は拙訳書を紹介させてください。 『The WINE ワインを愛する人のスタンダード&テイスティングガイド』日本文芸社刊 カラフルでわかりやすい図説とイラストが満載の、読み手に優しいワイン教科書です。 お好きな…

Champagne: A Global History”  『シャンパンの歴史――黄金の泡が秘めた物語』 3章 シャンパン産業の確立と発展①

1700年代なかばから1800年代にかけて、シャンパンは商人による小規模な商いから一大産業へと発展していった。その陰には化学や生物学の発達と機械化の進歩があっただけではない。市場調査と宣伝活動の重要性をつねに念頭においていたことも、産業としての発…

『キプロスのハルミチーズをめぐる攻防 その後』

*前回取り上げた、キプロスのハルミチーズのDPO申請のその後についての記事を訳してみましたが、ここで語られる「キプロス問題」に悩みました。というのも、キプロス問題というと、1974年のクーデターによって起こった、南部ギリシャ系のキプロス共和国(キ…

『キプロスのハルミチーズをめぐる攻防』   

*「シャンパン歴史物語」を少しおやすみして、チーズ関連の記事を翻訳してみました。 『キプロスのハルミチーズをめぐる攻防』 2014年7月10日 遠からず、「ハルミ」という呼称は、地中海の島国キプロス産の、かむとキュッキュと音がするチーズに限定される…

Champagne: A Global History”  『シャンパンの歴史――黄金の泡が秘めた物語』 2章 シャンパンにまつわるカルトな歴史 ①

シャンパンで祝杯をあげる伝統はフランス王室から始まった。5世紀の終わりごろ、同国を支配した君主クローヴィスがランスの大聖堂で洗礼を受けてカトリックに改宗し、このころからフランス王室ではシャンパーニュ地方のワインが好んで飲まれるようになった。…

Champagne: A Global History”  『シャンパンの歴史――黄金の泡が秘めた物語』1章 シャンパンの起源 ①

1章 シャンパンの起源 すでに中世のころから、シャンパーニュ地方のワインはフランスの一部地域でよく知られた存在だった。しかしこの地方のブドウ畑は国内でもかなり北にあったため、雨が降って気温が下がる秋までにブドウを熟成させるのが困難だった。で…

日本ワインとチーズ2014 9月

今月は国産ワインコンクールで金賞を受賞したワインと各種チーズが登場しました。 左から、昨年に続いて金賞受賞した山形県の朝日町ワイナリーのマイスターセレクション バレルセレクション ルージュ2012(金賞)と遅摘みマスカットベーリーA2012(金賞・カ…